このエントリーをはてなブックマークに追加

「自由」についての独白

投稿日: カテゴリー: Blog(ブログ), MembersOnly(会員限定), Philosophy(哲学), Self‐development(自己啓発), Thinking(考え)

SenKuSya代表の原田です。

今日は、最近よく考えている「自由」について、自分なりの考えをまとめたいと思います。

ラジオ感覚で聞きたい方は、動画でどうぞ

後ほど追加します。

自由とは何だろう

自由とはそもそも何なのか。自由であるということはどういうことなのか。

逆に、まず不自由な状態というのを考えてみる。

不自由な状態というのは、何かに依存して、自分一人で決断ができない状態ではないだろうか。

例えば、刑務所にいるとき。
実際に体験したことはないから、「ショーシャンクの空に」や「プリズンブレイク」を見たところからの想像でしか無いが、
刑務所に入っている状態では、好きなものを食べることも、好きな様に生活することも出来ないはず。
不自由な状態で、一番分かりやすいのはそういう状態だろう。

じゃあ、次に、不自由ではないけど、自由でもない状態というのを考えてみる。

多くの人はこの「不自由じゃないが、自由でもない状態」に当てはまるんじゃないか。

例えば、会社や学校。
そこには、必ずそれぞれルールが存在する。そして、それは殆どの場合において、自分自身で作ったものではない。
ルールは必ず遵守しないといけないというわけではなく、嫌になれば、勝手に出ていったってかまわない。
だけど、何となく、そこのルールに従う。ルールの中で色々と試行錯誤する。

自分にとっての自由

最後に、自由な状態について考えてみる。

最近、「自由に生きる」とか「好きなことだけして生きる」みたいな、謳い文句が流行っているが、彼らの根底にある考え方は一体なんだろう。

僕が想像するに、それはお金ではないだろうかと思ってる。彼らは、お金があれば、一応満足するんじゃないだろうか。

お金かあ。

たしかに、お金があれば、自由になるのかもしれない。働く必要もないし、好きなところに住んで、好きな生活を送れるのかもしれない。
いま、何か嫌なことをやらなければいけない生活だとしたら、嫌なことをやらなくてもよく、誰からも何も強制されることはない。そういう意味では。。。自由なのか。

いや、しかし、自由ってのは本当にそういうことか。

うーん。いや多分、彼らにとっての自由ってのはそういうことだ。

「自由」が欲しいんじゃなくて、「お金」が欲しいって、多分、そういうことだろう。

じゃあ、自分はどうなんだろうか。

お金が欲しいのか。。。。いや、別に生活するだけのお金があれば、構わないかな。

それじゃあ、自分にとっての自由とは?

….「何でも出来る」ってことだろうな。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す