時間がもたらす変化の大きさを、人は過小評価してる

投稿日: カテゴリー: Blog(ブログ)




今日は、僕がこの前見つけて、感銘を受けた、ダン・ギルバートさんの考えを、ぜひ皆さんにも知ってほしいと思ったので紹介します。


人生のどの段階においても、私たちはその後の人生に大いに影響する決断をするわけですが、いざ「その後」になってみると過去の自分の決断に喜ぶとは限りません。

だから若者は10代の頃に大枚はたいて彫ったタトゥーを、また大枚はたいて除去します。
中高年が離婚に急ぐ相手は、若い頃結婚に急いだ相手です。
高齢者が懸命に減らそうとしているのは、中年の頃懸命に増やそうとしたものです。
なぜ私たちは 未来の自分が 後悔することになるような 決断をするのでしょうか。


これからご説明しますが その理由の一つは 時間の持つ力について 私たちが根本的に 思い違いをしているせいだと考えています。
人生が進むにつれ変化が遅くなるのは 皆さんご存じですよね。
子どもは分単位で変化しているように見えますが、親の変化は年単位にしか見えないというわけです。


人生におけるこの不思議な分岐点― 変化が突然 猛スピードからノロノロになるのはいつなのでしょう。
10代のうち? 中年になってから? 老年期?
その答えは 何と ほとんどの人にとって「今」です。どんな時も「今」なんですね。
皆さんに納得していただきたいののは、私たちが皆、常に錯覚を抱えているということです。
自分の過去や自分の歴史が終わり、ずっとなるはずだったー本当の自分に最近なったばかり、残りの人生は このままの自分で行くという錯覚です。


この主張を裏付けるデータがあります。人の価値観の経年変化を調べた研究です。
半分の人には 今後10年で 価値観がどれくらい変わるか予想してもらいました。もう半分の人には過去10年で価値観がどれくらい変わったか聞きました。
これによって、実に興味深い分析ができたんです。


結果はこうです。
fullsizerender


まず当たっていたのは 年齢と共に、変化は緩やかになるということです。
しかし間違っていたのは そのペースが思ったほど遅くないのです。
データによると18~68歳の どの年齢でも 今後10年間で経験する変化を大幅に少なく見積もりました。
18歳が予測する変化は 50歳の報告した変化と同じだということが分かります。


価値観や性格のように 一過性のものだけではありません。
好き嫌い、つまり基本的な好みについて、たとえば 一番の親友や、お気に入りの休暇の過ごし方、お気に入りの趣味、お気に入りの音楽を挙げてもらいます。
半分の人たちへの質問は 「今後10年で変わると思いますか?」残りの半分への質問は 「過去10年で変わりましたか?」
結果は これも同じです。予想では、現在の友達が今後10年間も友達で、現在の楽しい休暇の過ごし方は10年経っても同じですが、
10年後の人たちは口を揃えて言うんですね、「いやぁ 変わっちゃったよ」って。


何故こうなるかは、思い出す容易さと、想像する難しさの、相対的な差が関係しています。
10年前の自分のことなら思い出せますが、これから先の自分を想像するのは難しいので、私たちは誤って、想像が難しいことは、起きないのだろうと考えます。
残念ながら、「想像できない」と言うのはその人の想像力が欠如しているという話であって、思い描いた出来事が起きないということにはならないってことです。


つまり、時間とは強力なものだ、ということです。
私たちの好みを変え、価値観を新たにし、性格を変えてしまいます。
私たちがこの事実を認めるのは 後になってからです。後から振り返った時にだけ、10年間でどれほど変化したか気づくのです。


ほとんどの人にとって、今という時は、まるで魔法の時なのです。それは時の流れの分岐点で、自分がいよいよ本当の自分になる瞬間と感じてるってことです。
人間というのは未完成なくせに、自分たちは完成したと勘違いしているものです。現在のあなたは 過去のどのあなたとも同じように、一つの点でしかないのです。


最後に一番言いたかった事を述べます。
人生において変わらないのは 「変わる」ということだけってことです。


僕も、まだ上京して1年半しか経っていませんが、携帯電話の売上全国1位のところで働いてみたり、ベンチャー企業で働いてみたり、営業してみたり、プログラミングしてみたり、ゲームアプリ作ってみたり、起業してみたりと、それこそ本当に自分の想像以上に変化してきたと思います。


誰でも時間とともに必ず変わります。だけど、それは急に外的要因によって、例えばテレビに取り上げられて、セミナー受講者が爆発的に増えてなんてことは起きないわけです。
仮に起きたとしても一時的なバズを起こしているだけで、長く続くなんてことはないわけです。それを肝に銘じて、努力を続けてください。
その努力は10年続ければ必ず変化は訪れるし、もしくは1年もしくは半年で芽が出るかもしれないんです。
そんなことは誰にも分かりません。
ですが、時間というのはかなり大きな力があるというのは事実ですので、努力を続けることは、大きな変化をもたらす材料になるはずです。


昨日より少し成長した今日、今日より成長した明日と、続けていければ、自分の想像を遥かに超えた高みに登ることも出来るかと思います。
もう一度言います。努力を続けてください。


ということで、今日はこのへんで終わりにします。


それでは。


次回セミナーについてはこちら
https://senku-sya.com/2016/11/16/seminar2/

シェア・いいね! よろしくお願いします!

コメントを残す