先延ばし魔の頭の中とは? 思いついたらすぐやってみることの重要性

投稿日: カテゴリー: Blog(ブログ), MembersOnly(会員限定), Radio(ラジオ), Thinking(考え)

どうもこんにちは、SenKuSya代表のKotaです。

今日は、TED Talksにて、また面白い話題を見つけたので、それを紹介しながら自分の考えを述べていきたいと思います。


動画・音声

動画を閲覧したい方はこちら

音声のみの視聴・ダウンロードはこちら(26.71 MB)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→
会員登録はお済みですか? 会員について


先延ばし魔の頭の中はどうなっているか

今回紹介するのは、ティム・アーバンの「先延ばし魔の頭の中はどうなっているか」というものだ。

ティム氏は、いつも締め切りごとでは、締め切りのギリギリに頑張ってやるスタイルだったらしい。

一体自分の頭の中はどうなっているのか。

そう考えると、計画性があり理性を持ってコントロールする自分と、楽なこと楽しいことや、目の前の利益だけを求めて動く猿のような部分があることに気付いた。

ティム氏の頭のなかでは、その猿がいつも舵を切るような状態になってしまっていて、計画したことが全く進められない。

しかし、その猿にも唯一恐れるものがある。

それは、締切が迫ってきた時に現れるパニックモンスターだ。

パニックモンスターは、アドレナリンを出してでも、自分を駆り立てるような存在だ。

パニックモンスターが現れることで、頭の中はパニックになり、徹夜してでも締め切りに間に合わせようとする。

そうやって今まで生活してきた。

しかし、本当の問題はここではない。

パニックモンスターが現れるのは、あくまでも、締切が迫ってきたときだ。
ということは、締切が存在しないものには、パニックモンスターは現れず、必死になって頑張ることもない。

仕事や課題であれば、締切が存在する。
しかし、自分の夢や目標ややりたいことには、締切が存在しない。

パニックモンスターが現れないことによって動き出せないような人たちは、夢を実現できないことがつらいのではなく、夢を追いかけることすら出来ていないことがつらいのだと言う。

しかし、そのことを改めて考えると、私達のほとんどみんなが先延ばし魔になっていないだろうか。

私たちは少なからず、何かを先延ばしにしているはずなので、それが何なのかをすぐにでも洗い出す必要がある。

残された時間は、そんなに多くないはずだ。


内容を簡単にまとめると、こんな具合だ。

では、ここから自分の意見を述べていきたいと思う。

まず、仕事をすると、当然納期が発生する。

僕が以前していた、営業の仕事でも、プログラマーの仕事でも、この時期までに成果を出さなければいけないという様な納期が決まっていた。

学校の課題なんかは、ラストスパートで頑張るタイプだった僕でも、仕事となると自分の生活がかかっているので、いつもロケットスタートだった。

よく言われるような、全体の2割の時間で、全体の8割を完成させる、という手法だ。

そうすることで、仮に問題が眠っていた場合でも、早期に発見して、一からの修正も可能になるからだ。

また、自分としてはそうしておかないと落ち着かない性分だったので、仕事の時はそうしていた。

まあ一応、仕事の話もしたが、今回話したいのは、むしろ自分の人生においてである。

僕は、自分の人生においては逆に、計画を立てるということをほとんどしない。
というか、計画を立てたとしても、また何か自分が面白いと思ったことを見つければ、その計画なんてすぐにでも崩れ去る。

計画を立てては壊して、立てては壊しての繰り返しだ。
なぜ損なことをするのかは、この記事に書いている。
(100点)太宰治の「斜陽」を情熱的に感想・評価・レビュー。さあ革命を起こそう

さて、守らないかもしれない計画ならば、立てる必要はあるのだろうか。
計画というものは、立てるだけで終了ではなく、実行しなければ意味がない。

そんなふうに思い、どうせ立てたとしても、壊すのが分かっているのだから、自分の人生において計画は立てていない。

人生においては、必ずやらなければいけないものだったり、期限なんてものはほとんど無い。
期限なんか全て破ってでも生きていける。

それじゃあ、ティム氏が言っていた、自分の夢や、目標や、やりたいことといった、期限の存在しないものには僕はどう対処するか。

ここが僕が普通の人と異なるところかもしれないのだが、やりたいと思った瞬間にやるという手法を取っている。

それは何故か。
その理由はいたって簡単だ。

僕は何かが思いついた時は、その場ですぐにやるかやらないかの判断を出す。
そして、やると決めたその時は、自分の選択に確固たる自信を持っている。

その自信に満ちた選択をしても、当然上手くいくときもあれば、違うなと思うこともある。

しかし、その確固たる自信から、それが上手くいくかの判断を改めて下すには、自分で進んでみなければならない。
そうしなければ、僕の頭の中ではそれ以上考えられないからだ。

それ以上考えられないのならば、動き出すほかないだろう。

また、自分はそれに確固たる自信があるのだから、他の何を犠牲にしてでも、動き出す必要があると思える。

そうやって動き出してみて少し先の世界を見た時に、これで良かったとか、なんか違ったなと言う判断を下すようにしている。

一見すると、リスキーで、失敗ばかりしそうで、効率的ではないかもしれない。
しかし、僕は、この方法こそが、最も効率的だと思っている。

このやり方だと、人があれこれと悩んでいる時に、僕は何度も自分の考えを試すことが出来る。

また、たとえ失敗したとしても、そんなこと忘れればいい。
負い目を感じる必要は無い。

忘れることで、頭の中もまた真っ白にして、キャパを広げながら、一から考え直すことが出来る。

人は、そんなに荷物を抱えては走れない。
それは頭の中も一緒で、必要のない考えや、固定観念なんかは常に捨てながら走ったほうがいい。

また、以前ホリエモンが「バカは頭が良い人よりも成功しやすい」ということを言っていた。

ホリエモンがこういった理由も、バカのほうが何も恐れず、打席に立ち続けることができると考えているからだろう。


人生で起きることなんてものは、自分の頭で想像できる範疇を遥かに超えている。

常に動いていれば、奇跡のようなことも平気で訪れる。

いつ何が起こるかなんてわからない。
また同時に、いつ自分がその夢を追えなくなるかもわからない。

だから、思いついたことなんて、その場ですぐに実行してみるのが吉だと思う。

「思い立ったが吉日」

こんな素晴らしいことわざもあるので、ぜひ皆さんもすぐに動き出して、何度も何度も挑戦できる機会を獲得してください。

今日はこのへんで終わりにしたいと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、また明日。

本文中に出てきた作品


このブログがいいなと思ったら、はてなブックマークボタンや、いいね! ボタンを押してくれると凄く喜びます!