UNADJUSTEDNONRAW_thumb_246c

天才が抱える悩みって、意外と普遍的だけど、自己完結能力が、やっぱり凄いなあと感じる(プロゲーマー梅原大吾の講演を聞いて)

Posted 2 CommentsPosted in Biography(伝記), Blog(ブログ), Radio(ラジオ), Self‐development(自己啓発), Thinking(考え)

どうもこんにちは、SenKuSya代表の原田です。 今回は、先週に引き続き、梅原大吾さんの講演について語りたいと思います。 前回のブログをまだ見てない人はこちらです。 今年一番感動した、天才による、凡人でもすんなり納得のいく講演(プロゲーマー梅原大吾の講演を聞いて) 梅原大吾の経歴 簡単に彼の経歴を説明すると、 幼少期から格闘ゲームにハマる 介護の仕事を始める 再度、格闘ゲームにハマる 世界大会で優勝して、スポンサーが付き、晴れてプロゲーマーになる プロゲーマーという肩書の義務感から、ゲームをひたすらやり込むが、途中でどうしようもないくらい嫌になる 自分が飽きない努力を模索する またゲーム界で強くなる 自分の生き方や考え方を確立する というような感じです。 この梅原さんの講演を聞くと、圧倒的に普通の道とかけ離れてるんですね。そして、何度も苦悩しています。 単に順風満帆に生きてきた人じゃない、だからこそ、自分は講演を聞いて感動したのかもしれません。 仮に、自分がゲームが達人並みに上手かったとして、その時、「ゲームの世界で生きていく、プロゲーマーとして生きていく」、なんて決断を出来る人が一体どれだけいるでしょうか。 プロゲーマーとして生活してる人は誰もいない、先が全く見えない、失敗した時に何も残らないかもしれない、そういう道を選べる人って、やっぱり凄いなあと感じます。 又吉直樹の「火花」を読んだ時も、同じようなことが書かれていて、芸人って凄いなあと感じたんですが、やっぱりそういう、全てなげうってでも、自分のやりたいことを貫ける人って、かっこいいよなあと思ってます。 自分で考える能力の高さ この講演で、梅原さんが伝えたかったことと、僕が勝手に感動したことは、結構違いそうな気もします。 題名が「一日ひとつだけ強くなる」ですので、自分が日々成長するためには、的な部分を伝えたかったかもしれませんが、やはりどうしても、決断力の凄さや、自己完結能力の高さに、僕は魅入ってしまいます。 梅原さんは、自分が苦悩した時、詰まった時に、なんだかんだ全て自分で解決しているんですよ。自分の中で思いを反芻して、自分の中で答えを見つけるという、そういうところが一番凄いんですね。 僕も、悩んだ時や詰まった時は、全て自分で解決する人なんですが、そういうタイプって結構少ないんじゃないかって思ってます。誰かに相談して解決していく方と、自分自身で全て解決していく方の、どちらが優れているとか、そういう話ではありませんが、僕個人としては、誰かを頼ってしまったら、楽かもしれないけど、その分、振り回されるよなって思ってます。 誰かに教えてもらったほうが、早いかもしれませんが、誰かに委ねてしまうのって凄く怖いって僕は感じるんですよね。特定の誰か、じゃなくても、例えば世間とか、そういう抽象的なものにもですね。自分がやりたいこと、自分が思ってることってのは、自分自身が一番分かっているはずなのになって思います。まあ勿論「自分のやり方で、おれはやってやるんだ!」って言う代わりに、結果を残さなければ「ほら、だから言わんこっちゃない」と言われるってのは、覚悟しておくべきなんですが。 その分自分の思い通りにやるってのは、自分が一番、楽しめるって思います。世間的な評価ってのは、結果を残せば、勝手についてきます。その時は、多分、王道のやり方よりも、我流でやってたほうが「あいつは凄い!」って評価されるんですね。だから、自分がやりたいと思ったら、それを突き進んだほうが、成功した時は、評価は高まるし、失敗しても、後悔の念はなくなるので、個人的にはそれしか無いって思ってます。 梅原さんのぐっときた言葉 ちょっと梅原さんの話からそれましたが、講演で梅原さんが言っていて、気に入った部分だけ箇条書きでまとめてみました。 介護の仕事をしていた時 介護の仕事についていた時、仕事は全然出来る方ではなかったが、格闘ゲームという勝負中毒に勝てた気がした。 なりたい職業はなかった、世の中の職業が少なすぎると思っていた、焦っていた。 プロゲーマーのオファーが来た時 ゲームをやってて何になるんだと言われていた自分が、報われた気がした。 プロゲーマーという職業につくか一般の仕事で生きていくか迷った、たとえ、プロゲーマーに挑戦して失敗しても後悔しない気がする、プロゲーマーという勝負の世界から逃げて、安定した職業に就いたとして、旗からどう見られているかは分からないが、自分の中で、あの時挑戦していたらどうなっていたのかと、ずっと感じるだろうなと思った。 ゲームに全てを捧げて生きてきた人間が、ゲームをやめるということは、自分の短所に目を向けた生き方をしていた。 やりがいのある仕事をしている人達を見て、羨ましいなあ、自分にもそういう仕事があったら良いなあと思ってた、無駄になるかどうかなんて関係ない、自分はやりたいことを仕事として出来ているんだから。 プロゲーマーになり、自分の臨んだ職業だから、体に無理をして1日18時間プレイしてた時 レバーを触ると気持ち悪い、画面を見ると吐き気がする。 18時間もやるのは誰のためか、自己満足だった。そこから、勝率を上げるやり方に変えてきた、自分に望まれているのは、長時間プレイすることではなく、勝つことだから。 継続して勝つには、継続して努力をするが、体を壊してまでの努力じゃない、自分をあきさせないことが重要だ、今更格闘ゲームで新鮮さは味わうことはない。飽きる時は、成長しない自分に飽きるんだ、成長さえ実感できれば努力は継続できる。しかし、やればやるだけ、成長スピードが遅くなる。だから、発見を毎日メモする、そうすると昨日の自分の成長が実感できる。 意識的に変化する。 どんなに強くても、飽きたら、周りに追いつかれる 新しいやり方を試して、勝率が落ちても、変化させていれば未来への投資になる。 今の仕事で、10あるうちの10変化させちゃいけないものはない。それなら、やり方が固定化して、競争なんてなくなるから(だけど、現に競争はある) 1割変化させてみれば、新たな発見が得られる、それは成長としてカウントできる。 普段インタビューで話すことは、間違いないと確信していること、周りが必ず反応すること。 自分の人生に充実しているか、何の為に成長しているかわからないと楽しめない。 演じていない部分を皆の前で話すのは恐怖だった、地位が高くなればなるほど。 満足しているつもりでいたけど、実はつまらなかった。 自分であらゆることを決断しているか疑問に思った時 バージョンアップで自分のメインキャラが弱くなって、サブキャラが強くなっていた。 実は自分で決めていなかったことに気づいた、周りが大きくなっていて、それに合わせていただけだった、いつの間にか自分の基準がなくなっていた、自分の価値観で生きていたつもりだったけど、流されていた。 自分の姉は、いつも親から、付き合っている人がいても、その人より身分の高い人と付き合えるようにしとけと言われていた、姉もそれに従っていた。ある時、遂に、完璧な人が姉の前に現れたらしい。しかし、姉は違う人と付き合った、その人の方が、殆どステータスが低かったけど、話が面白かったらしい。それだけ?って思った。 全部持ってるというのは、人が決めた価値観、ちょっとだけ弱いキャラのほうが自分は面白い。 […]

IMG_0796

今年一番感動した、天才による、凡人でもすんなり納得のいく講演(プロゲーマー梅原大吾の講演を聞いて)

Posted 1 CommentPosted in Biography(伝記), Blog(ブログ), Radio(ラジオ), Self‐development(自己啓発), Thinking(考え)

どうもこんにちは、SenKuSya代表の原田です。 ちょっと最近忙しくて、ブログの更新が不定期なんですが、話したいこととかは日々沢山湧いてくるので、週一でブログは更新しようと思ってます。 今日は、前々からずっと紹介したかった、プロゲーマー梅原大吾さんの講演について語りたいなと思います。 ですが、この梅原さんの講演について語ろうとすると、伝えたいことが物凄く出てきて、これは、とても一回のブログの量じゃないなと思ったので、今週と来週とで2回に分けたいと思います。 それで、今回は前編ということなんですが、前編は梅原さんの講演を聞いて自分が感じたことを中心に、色々と述べていきたいと思います。 梅原さんの講演の内容については後半で詳しく語りたいと思います。 梅原大吾さんの講演を先に聞きたいという方は、下にリンクを張っておきますので、そこから見て頂ければと思います。 生き様を主とした講演 まず、この梅原さんの講演なんですが、約2時間あるんですね。 しかも、殆ど梅原さんが一人で話して、パワポなどは一切なし。 内容は、梅原さんの生き様と、その時々で感じたこと、考えたことを語っていくというものです。 僕は、この講演を聞いた時、あ、自分のやりたいサービスと一緒だ!って思いました。 僕が常々やりたいなと思っているサービスの一つに、この「生き様講演」というものが有ります。 僕は日頃興味がある人が出てきたら、その人はどういう事を考えて日々を過ごし、どういう風に生きてきたのかを知りたいと思って、伝記を読んだりすることがしょっちゅうあります。 ですが、伝記を読むっていうのはけっこうな作業量だと思っているんですね。 僕みたいな伝記マニアだったら読むかもしれませんが、一般の人はまずもって手にとることは少ないです。 しかし、そこには、自分の人生を手助けする経験談や、考えが書かれていることが多いんです。 素晴らしい功績を収めている人なんかは特にそうですね。 まあ、そこに書かれている内容を、別次元のことだと考えるのか、自分の人生に活かせると考えるのは、その人次第なんですが、後者にとっては、誰か素晴らしい功績を収めた人の生き様ってものは、必ず為になります。 だからこそ、その生き様を知る作業ってのをできるだけ簡単にしたいってのが僕の考えです。 そう考えた時に、一番効率的なのが、動画です。 動画で語ってもらえれば、聞き手は見るだけ、もしくは聞くだけで済む。 しかも所要時間は数時間で済む。 そして、何より当事者に語ってもらうことで、熱量が伝わりやすい。 もっと詳しく、知りたい人は、伝記を読めばいいって訳です。 こういった考えから、僕は、将来、僕の興味のある人にスポットライトを当てて、動画で生き様を話してもらって、それを色んな言語に訳して、世界中に届けたいなと思っていたんですが、何分、いま自分一人でできることじゃないなってことで、とりあえず、自分が出来ることから進めて、近いうちにそういった方たちと対等に交渉できるようにしたいなと思ってます。 前置きが長くなりましたが、こういう観点から、この梅原さんの講演ってのは、まさに自分がやりたいことそのものなんですね。 パワポに頼らない利点 あと、パワポを使ってない点がいいなって思います。 最近の講演だとパワポを使わないものなんて、殆ど無いんじゃないでしょうか。 しかし、僕はパワポは極力使わないほうがいいって思ってます。だから、自分のセミナーでもパワポは使っていません。 パワポは上手く使えば、大きな効果をもたらすと思っていますが、多くの人は、パワポに内容をまとめて、 実際に公演する時は、そのパワポを読み上げているってことが多いです。 それだと、誰がやっても一緒の講演になって、聞き手もパワポを追うのが中心になるので、講演者が主役のはずなのに、パワポに主役を取られることだってあります。 パワポってのは、図や写真などを見せるのであって、文言は殆ど一言でいいんです。 あのスティーブ・ジョブズでさえ、パワポよりもホワイトボードを好んで使っていました。 だから、どうしてもパワポを使わないといけないことなんて、あまりないと思っています。 セミナーのときなんかは、ホワイトボードがあればそれで済みますし、今までそんなに必要に迫られたことはないです。 パワポを使わないことで、聞き手はただ、講演者にのみ注意を向ければいいので、そこで上手く話ができてこそ、本物の講演者だって思ってます。 そういう意味でも、この梅原さんの講演は素晴らしいなと思います。 プロゲーマーという職業の葛藤 また、勿論のことですが、内容もとても良いです。彼じゃなきゃ語れないだろうという部分がほとんどです。 プロゲーマーという職業を選択するなんて、普通の人にはかなり難しい決断だと思います。 安定志向という風潮が強い中、先が見えない、どうなるかわからない、そういう職業を、「後悔したくない」という気持ちだけで、決断できるなんて、僕にはとてつもなく凄い人に思えました。 「無駄になるかどうかなんて関係ない。自分はやりたい仕事が出来ている。」 この言葉には、そうだよな、本当にやりたいことなら、リスクなんて考えなくていいよな、と関心しました。 プロゲーマーになってからの葛藤も、多く語られています。 プロゲーマーという自分の好きなことを仕事にできたがゆえに、好きな仕事なんだから、とことんやらなきゃ、という思いで、自分の体を酷使しすぎてしまったり、 やればやっただけ、当然成長スピードが遅くなるので、その時に自分を飽きさせない工夫を丹念に探したり、 プロゲーマーで知名度が上がって、今まで望んでいた色々なもの、地位や名声やお金、が手に入ったがゆえに、今の地位を保たないといけない、といつの日か考えるようになってしまっていたり、 そういう苦悩や葛藤が中心の講演なので、学べることは本当に沢山有ると思っています。 特に、自分に響いた言葉は、 「世間への復讐のチャンス」 「人に迷惑かけるなって言われていた。だが、周囲の期待に応えないってのは、誰かに迷惑をかけているのか。人の期待にはあなた達のやり方では応えない、自分のやり方で応える。」 「やらなきゃいけない事をどれだけやるか、やりたい事をどれだけやるかってのは、その人の環境次第で変わる。本当にやりたいなら折り合いをつけてる場合じゃない。」 […]

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-25-6-52-19

誰の伝記を読もうか迷ったら、オススメしたい世界に影響を与えた起業家3名

Posted Leave a commentPosted in Biography(伝記), Blog(ブログ)

先日アップした記事で、「視野を広げたり、経験を得る手段として、伝記をオススメする」ってのを挙げましたが、今回は僕が読んでいる伝記とかを少し説明を加えて紹介しようと思います。 稀代の天才 スティーブ・ジョブズ まず1人目は、もう何度も彼の名前を出しているので、知っているとは思いますが、「スティーブ・ジョブズ」です。 彼の伝記は、上下巻ありまして、皆さんジョブズが凄い人だって言うことは、何となくは知っているとは思いますが、 実際はどういう生き様だったのかとかを知ると、僕みたいに彼の大ファンになるかもしれないです。 [amazonjs asin="B005V73CVG" locale="JP" title="スティーブ・ジョブズ I・IIセット"] ジョブズとゲイツ、ジョブズとピクサー ジョブズといえばMacですが、じゃあWindowsを作ったビル・ゲイツとはどの様な仲だったのかとかもしっかり書いてあります。 あと、ジョブズが作った会社で、ジョブズが作ったとはあまり知られていない、ディズニー映画のピクサーがありますが、 ピクサーの名前を世界に知らしめた作品は「トイストーリー」なんですね。そのトイストーリーが生まれるまでの背景もしっかりと書いてあります。 一味違った名言 あと、ジョブズとえば、名言みたいなのが沢山あります。 例えば、市場調査をするかと尋ねられた時、ジョブズは 「欲しいモノを見せてあげなければ、みんな、それが欲しいかなんて分からないんだ」 って否定するんです。 自分が世に送り出すモノが素晴しいモノだという確固たる自信があるからこそ言える、いかにもジョブズらしい言葉ですね。 あとは、コカ・コーラ社からジョン・スカリーという人物をAppleに引き入れる時の言葉なんかも凄いです。 「一生、砂糖水を売り続けるきかい?それとも世界を変えるチャンスに賭けてみるかい?」って言葉です。 スカリーはAppleに入らずに、友達として社外からアドバイスをするに留めて置いた方が良いのではないか?とずっと思っていたんですが、この言葉で彼は入社を決定したんですね。 スカリーはこの時のことをこう言ってます。 「必ず自分が思うとおりにしてしまうスティーブの能力は驚異的です。 相手を見極め、どう言えばその人を動かせるのかを把握するのです。 彼と付き合って4ヶ月でしたが、ノーと言えなかったのはあの時が初めてでした。」 ジョブズは人を動かす能力が抜群に優れていたんですね。 僕が真似したいところでもあります。 禅宗愛 あとはまあ禅宗とかですね。 ジョブズの禅宗愛は強く、よく友人と集まって座禅を組んだりするんですが、禅宗について取り上げたときにでも詳しく話そうかと思います。 いま最も凄い人物 イーロン・マスク というわけで、次の人物に移りたいと思います。 いま世界で一番尊敬している人は誰ですか?という質問があった時、ジョブズが生きてればジョブズと答えましたが、 ジョブズなき今は、間違いなくこの人「イーロン・マスク」です。 [amazonjs asin="4062196336" locale="JP" title="イーロン・マスク 未来を創る男"] 12歳でゲーム開発、起業は弟と 最近、様々なニュースで取り上げられているので、日本でも知名度が高くなってきたのではないでしょうか。 彼は、まず10歳で独学でプログラミングをマスターして、12歳のときには、「Blaster」というゲームソフトを自作してたんです。 そこから素晴らしい才能の片鱗を見せてはいましたが、それが決定的になったのは、弟と友人とで「Zip2」という会社を立ち上げたときです。 起業に対する圧倒的な情熱量 彼の会社は色々なベンチャーキャピタルからの投資を受けて成長したんですが、当時マスクは大学生でした。 ですが、自分の人生を会社づくりに賭けるという、マスクの情熱的な姿勢が、キャピタリストを唸らせたんです。 とあるベンチャーキャピタルに語ったこんな言葉があります。 「私はサムライの心を持っています。失敗で終わるくらいなら切腹します。」 この言葉からも、マスクの仕事に対する思いがわかります。 マスクは起業当初、アパートの代わりに小さなオフィスを借りて、寝泊まりをし、 昼にWebサイトを更新して、夜はプラグラミングをするっていう日々を毎日毎日繰り返していました。 […]

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-20-23-52-03

視野を広げたり、経験を得る手段として、伝記をオススメしたい

Posted Leave a commentPosted in Biography(伝記), Blog(ブログ), Self‐development(自己啓発), Thinking(考え)

今日は伝記について少しお話します。 伝記でも自伝でもどっちでもいいんですけど、おすすめは伝記です。 まあ英語で言うと「biography」ですね。 一つ言っておくと、このSenKuSyaという組織の一つの目標は、 伝記を世界中にもっと広めるってことなんですけど、 まあそこは、最後の方でお話します。 まず質問ですが、皆さん伝記は読んでますか? 多分殆どいないんじゃないかと思っています。 僕が今まで知り合った人で、伝記が大好きですって言う人は、自分以外見たことないからですね。 そのくらい、伝記っていうのは浸透してないわけですよ。 そこに、僕が一石を投じて、伝記の素晴らしさを世に広めていこうとしているわけなんですけど。 このブログを呼んだり、動画を見ている方の多くは、向上心を持っている方だと思いますが、 自分がより早く、より高みに成長したいって思った時に一番大切なことは何だと思いますか? 僕は、経験が一番大事なんじゃないかって思うんですよ。 人が何かの判断を下す時に参考にするのは、それまでの経験なんですよね。 経験を無視して、判断を下す人って、なかなかいないんじゃないかと思ってます。 それで、さっきの、「より早く、より高みに登りたい」って人は、真っ先に経験を積もうと考えるんですね。 僕もそうなんですけど、色々な経験を早めに積んで、早く成長しようとするんです。 しかし、ここで考えてほしいのが、時間は有限ってことです。 もしも、時間が無限にあるとするならば、全部一回自分で体験すれば良いんですが、そうも行かないわけです。 そして、もう一つ重要なのは、自分が置かれている環境に応じて、体験出来るものは変わってくるので、全ての経験を積むことは不可能ってことです。 例えば、僕はスティーブ・ジョブズを目指してますけど、じゃあ彼と同じ経験を積めるかって言うと、そんなこと不可能なわけですよ。 そこで、この伝記が活躍するわけです。 世の中、本屋さんとか行けば、色々なハウツー本は山のようにありますよね。 ハウツー本ってのは、少し批判的な態度で読んだほうが良いと思うんですけど、 その理由は、そこには実例は少ししか書いてないからです。 逆に言えば、実例がありふれる程書いてある本は、良いハウツー本ってことです。 あとは、一般向けに書かれているってことです。 初心者を中級者、もしくは上級者に向かわせることは出来るかもしれないが、 世界に名を残す偉人の様に仕立て上げるのは難しいってことです。 この2つの観点で、探せば良い本の検討とかは大体つくんじゃないかと思います。 僕がオススメするのは、ここでいずれ取り上げると思いますが、ベストセラーの「7つの習慣」とかですね。 [amazonjs asin="4906638015" locale="JP" title="7つの習慣-成功には原則があった!"] 伝記の話に戻りますが、そのようなハウツー本と比べて、伝記の何が良いかって言うと、 成功例も失敗例も、自分が体験できない例も、余すところなく全て書かれているってことです。 ハウツー本ってのは、そういった例を色々なところから抜粋して書かれたものなので、そういう風に実行した根拠とかは、あまり分からないんですよね。 だから、それも含めて、その人の生き様の全てが分かる伝記は、最高に良いって話です。 人は通常、自分以外の人生の経験を得ることはあまりできないんです。 人から聞いた話を、自分の経験として取り入れるってことは、あまりできないってことです。 その理由は、人が話している内容ってのは、誰かが綿密に調査したわけではないので、その人の主観が入っていて、話していることが本当に起こったことなのかが分からないからです。 まあそれは当然といえば当然ですので、そういうお話は酒の肴にでもしてください。 ですが、伝記は違います。 誰かが調査して、綿密に調べ上げたものです。 自伝でも主観は入っているかと思いますが、嘘はあまり書かれていないかと思います。 伝記や自伝は、その人が生まれてから死ぬまで、もしくは現在に至るまでの事が書かれています。 それを読めば、その人の人生を生きることができます。つまり、その人の人生を、自分の経験として取り入れることができるってことです。 伝記を読んで、自分が興味ある人、もしくは目標にしている人の人生は、全て取り入れれば良いんです。 技術を盗むって言葉はありますけど、伝記を読むってことは、経験を盗むってことですね。 孫氏の言葉に、「敵を知り己を知れば百戦危うからず」ってのがありますけど、それと似てますね。 まず、目標にする人物のことを隅々まで知るべきだって僕は思ってます。 そして、その人の生き方、考え方を知ることで、色々な判断の場面に出くわした時に、今までは、Aの方法しか自分は知らなかったけど、そこにBの方法が新たに加わるわけです。 そうやって、色々な人の生き方を取り入れていけば、Cの方法、Dの方法という風に、色々な考え方や価値観が加わって、 […]